家庭菜園の初心者が知っておくべき情報~サクサク菜園術~

園芸

必要な考え

ガーデニング

草刈作業を専門業者に依頼するのであれば、サイト情報を参照すると、地域周辺の業者を見つける事ができます。後々のトラブルを避けるために、予め書面による予定料金などをもらっておくと、後からも確認ができます。

選定が大事な植物

野菜

ウンベラータの剪定と時期

ウンベラータは、熱帯アフリカ原産の常緑中高木で、5m以上に育ちます。ハート形の大きな葉っぱが特徴で、モンステラ・ゴムの木・マッサンゲアナ(幸福の木)と並び、家庭菜園などのインテリアとして人気があります。ショップやオフィスなどでよく見る観葉植物ですが、育てやすいこともあり、家庭菜園で育てている方も多いのです。ですが育てやすいとはいえ、きちんと剪定を行っていないと、高くなりすぎて樹形が乱れたり、枯れてしまったりします。葉や枝が伸びすぎると、養分や水分が十分行き渡らなくなるだけでなく、茂った葉で光合成が妨げられて弱ってしまうのです。ですからウンベラータには、剪定が必要です。ウンベラータの剪定時期は、寒さや乾燥で弱る冬期や最盛期の夏ではなく、4月〜6月頃がベストです。また、どんどん上へ伸びる・切り落としたところから新芽がでてY字に伸びる、という性質があります。その点を考えて剪定すれば、初心者でも比較的イメージ通りの樹形が作れます。さらに、ウンベラータを剪定すると、枝や茎から白い樹液がでます。樹液は拭きとって、切り口は乾燥させましょう。

知っておきたい育て方

ウンベラータの剪定は、葉が茂りすぎたり、上に伸びすぎたりした時に行います。ですが、適切な剪定を行っていても、弱ってくる場合があります。これは寒さや乾燥に弱い観葉植物ですから、冬だけでなく、夏のエアコンによる冷えすぎや乾燥が、弱る原因になることもあります。また、空気が乾燥すると、葉ダニなどの害虫がつきやすくなります。ですから、部屋の空気が乾燥していると思ったら、ウンベラータの葉の表裏にスプレーで水を噴きかけて、乾燥を防いでください。かといって、強烈な日差しに強いという訳ではありません。特に、初心者が剪定を行った後などは、長時間直射日光に当てると、弱ることもあります。部屋の中やベランダで、適度に日に当てて、光合成を促すようにしましょう。また、日に当てても、ひょろっとして枝ぶりも葉付きも悪い場合は、思い切って幹を切ってしまうという剪定の仕方もあります。その場合は、幹を30cm〜40cm残して、ばっさり切ります。

草刈について

枝を切っている様子

夏が近づいてくると、庭や土地などが雑草で生い茂っていきます。しかし草刈は専門の業者に依頼することによって快適に処理することができるのです。知っておきたいのがその価格についてです。坪300円ほどから草刈りを行っている業者も多いため、手軽に利用できるようになっています。

プロに依頼する

ガーデニング

草刈はプロのサービスを利用するのも一つの方法です。このようなサービスは、主に作業を行なう場所の面積によって価格が決まってきます。草刈後のメンテナンスを工夫することで、その後の負担を減らすことも出来るのです。